読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さいかくにん

年が明けてダラダラしていたらもう三月になってしまった。

相変わらず怠惰な毎日で2ヶ月を過ごして流石にマズイと思ったので去年の10月ごろ受験がまだ決まっていなかったときに書いた大学での目標について前の記事を引用しつつ再確認する。

inve0614.hatenablog.com

 大学4年間を終えた後にどうなりたいのかを考え、そこから何をすればいいのかを逆算してみよう。そうはいっても一つに絞れるほど自分の意志は固まっていないのでいくつか書き出してみる。

 未だにこれと言って明確な目標はできていない。今は様々な物や業界を見て手探りしている段階である。ただ以前上げた選択肢は未だに変わっていない。

 

  • 日系民間企業に就職
  • 外資系企業に就職
  • 海外で現地採用で就職
  • 大学院進学
  • 個人事業主(起業もしくは個人投資家など)
  • 海外大学学部課程に編入

 今の段階では全ての選択肢があり得る状態、行政機関の仕事について話を聞いたり外資コンサルやBIG4監査法人を受けた人とかに話を聞いて雰囲気を聞いたりしている。またStartup系の集まりとか話をしに行ったりもしているけどあんまり感触が良くない。先日大学生起業家の方々と話す機会があったがイマイチ、ピンとこないというかあまりいい印象を受けなかった。

上の選択肢で個人事業主の選択肢を取る場合の話をすると、現実的なのは個人投資家もしくは起業である。大学起業系集まりに参加して強く感じたのは多くの人は起業を目標にしていて中身が空っぽであるということである。起業というものは自分がやりたいことがあって初めて始まるものであり、自分がやりたいことをやる手段であり目的ではないことを忘れてはいけない。もちろん中身が詰まっていて素晴らしい大学生起業家の方々もいるが少数である。

加えて、常に情報を集めることで今後流行りそうな分野で自分が面白いと思うものがあれば手を出してみるのもいいかなぁと考え始めた(ex. Hololens,VR,AR関連の開発,)

 

様々な選択肢がある中で怠惰を防ぐために自分に課題を課したいと思う。

就職するのであれば恐らく金融機関やコンサル系になる可能性が高く、またそういった企業というのは競争が激しいことから目に見える形で成果がほしい。

そこで自分が就活対策として考えていたことを1年時の9月までに何を行うかを判断する。9月までは様々なことに触れて方向性を決める期間にしたい。

  • USCPA
  • JPCPA
  • 留学先と目的

以前からUSCPA or JPCPAについては学習することを考えていて4月から始めようとしたがそれに専念してしまうとほかの事が一切できなくなってしまうため9月まで自分に猶予を課します。9月になって具体的にやりたいことがない場合はUSCPA,明確な理由と必要性が明らかになった場合はJPCPA。そして何より2年次の交換留学に行くのか、行ったとして目標はなんなのか(語学だけとかは論外)を決めたいと思う。

 

そして前回の記事では全ての選択肢に応用できるスキルを書き出した。

 

  • 経済、金融や財務など幅広く深い知識(資産運用などの知識)
  • 高い英語力(TOEFL100over)
  • ITに関する技術、知識(情報処理能力)
  • 資金力(起業or投資)

 これは本当にその通りで全く変わっていないし順調に進行している。

今やっていることは

  • プログラミング
  • 会計や財務に関しての勉強
  • 英語
  • 様々な教養的な勉強

怠惰なので全て中途半端になってるけど今はこれでいいと割り切ります。

資産運用の勉強をしていると多くの学問を勉強する必要性を感じます(統計学、経済学、経営学、数学など)。何をするか吟味する期間なので広く浅い知識をしっかりつけたいと思います。特に数学できなにので統計学や経済学はかなり苦労していますw。英語に関しては違う記事で書きます。

1年時の9月まで、、、なんか姿勢が日銀っぽいですがとりあえずは様子見したいと思います。