努力してきたっけ?

 

  そういえば受験終わりました。既に1個落ちましたがあとは結果待ちです。一般受験に関しては受けても1個になると思われます。自分は中学時代はまったく努力してこなかったので高校は底辺にしか進学できませんでした。高校三年間は自分なりに中学に比べて努力はしてきたのかと思ってましたがそれは主観的な考え方であって他の一般受験を受ける人に比べると勉強量も努力も足りていないのではないかと思います。高校に入ってから会計の勉強をしてたけど結局高校三年間のうちに1級までは取れなかったし、英語もまだまだ中途半端である。簿記に関しては1級の難易度が高すぎるとか、高校生では普通に取れないみたいなことを言う人もいるけど、原因は完全に自分の努力不足。自分の努力したという尺度と試験の難易度が一致していないのである。

 

 そこでもう少し努力の尺度や最低限のラインを底上げしないといけないと感じた。資格や試験に向けての勉強で合格する秘訣は人の三倍努力する、もちろん単に三倍量をこなすだけではなく、頭を使って努力をしないといくら量をこなしても努力のうちには入らないであろう。勝間和代さんも言っていたけど資格や試験を目指すのであれば最高峰を目指してやらないとただの資格マニアになってしまうので、最初から最高峰の試験を目指して勉強することで最低限のラインを上げることができるだろう。

 

今回は短いけど要するに努力しないといけないということです。努力し続けない人は置いていかれるだけですからね。