大学で何を学び何をするべきなのか。

 今現在まだ受験勉強中ではあるが進学先が決まったあとにやりたいことは山ほどある。その中でも今回は主に勉学や仕事に関して書いていこうと思う。

卒業後の進路から逆算する

大学4年間を終えた後にどうなりたいのかを考え、そこから何をすればいいのかを逆算してみよう。そうはいっても一つに絞れるほど自分の意志は固まっていないのでいくつか書き出してみる。

  • 日系民間企業に就職
  • 外資系企業に就職
  • 海外で現地採用で就職
  • 大学院進学
  • 個人事業主(起業もしくは個人投資家など)
  • 海外大学学部課程に編入(卒業は2年ほどおくれる)     

就職の選択肢を3つに分けたのはそれぞれで大学でやるべきことが異なるからである。

今現在自分の将来の事は考えては見るけど4年後何をやりたいかなんて全く見当もつかない、4年前自分が今の状態になっていることを予想することなんて絶対に不可能であったと自信をもって言える。4年たてば状況も心理状態も大きく変わってしまうからである。

ではどう逆算していくのか、それは上にあげた選択肢すべてに共通して必須なものを身に着けることである。ここで私が大学で取得したい知識、技術について書き出してみる。

  • 経済、金融や財務など幅広く深い知識(資産運用などの知識)
  • 高い英語力(TOEFL100over)
  • ITに関する技術、知識(情報処理能力)
  • 資金力(起業or投資)

広く定義してこの3つであろう、要するに IT 英語 経済や金融などの知識である。

さらに自分で稼げる能力、これが一番難しい、上の3つの能力からいかにして金にしていくかそれが課題である。今の自分の現状から見て英語や経済の知識などは4年あれば達成できる、いや2年でも達成可能かもしれない。しかしそれを実際に形にお金にするのには一つ壁を越えなければならないであろう。要するには他人との差別化、いかに自分が社会や企業にとって無くてはならない人材になるかである。

 

実際に稼げるようになるには?

勉強で得た知識や経験を実際に稼ぎに繋げる簡単な方法は"とりあえずやってみる"

ことである。自分の体験からも実際は難しかったり到底手も足もでないと思っていたことでも実際にやってみると目標ラインに届くか届かないかまで行きつくことがわかった。投資したければとりあえず資金集めて口座開く→勉強 起業したければとりあえず情報集めて起業してみる。海外移住したければとりあえず旅行行ったり情報集めたりしてみる。食わず嫌いせずになんでもとりあえずやってみよう、そこから得られるものはネガティブなものでもポジティブなものでも価値はあるはずだよね。

 

 

自分と同じような目標を持っている人が集まるところ(理想は自分よりレベルの高い人たちが集まる場所)に行って交流してとりあえず何か作ってみよう!

そこから何も得られないなんてことはないからね!!