2017年 振り返り

 

 2017年が終わろうとしています。

波乱万丈の1年でした。人生で一番濃い一年でした。

そして最高の1年でした。

 

去年大学に入る前に書いた大学での目標や2017年の目標の記事を振り返りながら書いていきたいと思う。

 

まずは去年の記事を振り返ろうか

inve0614.hatenablog.com

inve0614.hatenablog.com

 

広義の目標

広義の目標とはすべてを行うに置いて心がけることとして定義しています。

箇条書きすると。

  1. 常にアクティブに思い立ったらすぐ行動、怖がらない。
  2. 人との交流を大切に色々な人に会って話をしよう
  3. 大人としてのコミュニケーションスキルを磨こう
  4. イベントごとには必ず参加する(1)の延長上  

一言でまとめると 積極的に自分で考えて行動する  ことを心がけていきたいと思います。去年一年はそうした行動力が想像もつかないような良い結果を生み出したので今年もそうした積極性を失うことなくアクティブに生きていきたいです。

 

狭義の目標

狭義の目標とは具体的に何をするか、何の資格をとるーとか何円貯金するーみたいな感じです。これも箇条書きにしてみましょう。

  1. 学問を疎かにしない(好成績)
  2. 英語、財務、会計、投資の勉強をする
  3. 稼げるようになる 
  4. 人間関係や恋愛関係の幅を広げる

まず、自分は大学院に行く可能性を懸念していること、そして学問をしっかりと行いたいという気持ちが強いため大学の授業はしっかりと出席し好成績を取りたいと考えています。さらには英語、会計、財務、資産運用の勉強をする。さらにそれらを生かして自分で稼げるようになる。

 

 

  • 経済、金融や財務など幅広く深い知識(資産運用などの知識)
  • 高い英語力(TOEFL100over)
  • ITに関する技術、知識(情報処理能力)
  • 資金力(起業or投資)

 

 

去年は正直1年でまさかここまで達成できるとは思っていなかった。

人間関係・恋愛関係・仕事・勉強 現在は全て順調に予定通り以上に進行している。

一方で信じられないくらい辛いことも経験した。それによって精神的に成長することが出来て、それがさらに現在の順調さにも繋がっていると思う。

一つずつ振り返ろう。

 

人間関係

これはあくまで高校時代と比べてだけど、すごくよくなった。

去年の夏ごろまで童貞だった僕だけど受験終了後からは女性関係も徐々に増えていき大学に入ってすぐ出来た彼女とは現在半同棲状態になるまでになった。

友達関係は大学、留学時代の友達、留学生、中学、仕事関係と頻繁に会っている。

特に大学で最初に出来た留学生の友達たちとは一生の仲になるだろうと言えるほどだ。

留学時代の友達は皆んな非常に優秀で今でもたまに会ったり通話したりで刺激しあえる良い関係だ。何人かはまだ受験勉強中だけど東京に出て来たら頻繁に会うことになるだろうなぁ。

仕事関係ではTwitterでしか見たことなかったスゴイ人たちと実際に仕事をする機会を貰えて小さな記事にのるくらいまでになりました(まだ数ヶ月しか仕事してないがw)。

 

恋愛関係は大学入るまでは色々迷走しててある意味いい経験(笑)をしたと思う。

遊ぶ・チャラつくのは誰もが通るべき道だしそこを抜け出して次の段階に進めたのはいいことだったと思うw。

今の彼女は4月に偶然出会ってほぼ直感で付き合ったけど相性もよく相手の人間性もよく、長い目で関係性を見られるほど落ち着いていて良いパートナーです。

彼女の存在も自分の精神衛生面的に非常に助けになっています。ちょっと辛い時(出会ってからはあんまりないけど)に彼女がいるだけでやっぱり違うしね。

 

大学入る前にまぁまぁ辛い事が会って人生最大のピンチ・辛い出来事が会った事も人間関係について考え方が変わった瞬間だったかもしれない。

やっぱり人間辛いことがあるとキツイわけで、18歳の僕の精神年齢が出来事に追いつかず崩れそうになることもあったけど数人の友達が話を聞いてくれたりして乗り切れました。僕は人間性は最悪だけど自分が困ってる時に助けてくれた人のことは一生助けていくつもりです。今の彼女とはずっと楽しくて本当に辛い時をまだ共有してないから、なんかそういうのがあればより深い関係になれるかもなぁと感じる。

 

勉強・仕事

今年1年は今まで勉強して来たことが全部繋がって仕事に繋がった年でした。

高校時代はなんとなく勉強して来た会計やファイナンスだが、やっぱり長い時間それなりに勉強すると知識は溜まって来ていてあとはそれを実際に使う場面が必要だった。

春休みにやった税●署でのバイトは単純作業すぎて実践できたとは言えないしそもそもどうやって大学生がそんな知識使うんだよ!って思ってましたが、ひょんな事が切っ掛けで始めたインターンで使うことができました。

 

ついったーで偶々声を掛けてくれた人は自分にとってメンター的な存在になり、今でも大学1年生で未熟な自分を雇ってくれているのは本当に感謝しかないですし将来出世恩返ししたいと思っています。

 

今はUSCPAの勉強はやってはいるがあんまり力入れてないです。他のプログラミングを触ってみたり、会計・ファイナンス・法律・ビジネス書・等を読みまくってます。

USCPAは最速で来年の夏終わりには取れるので来年中の取得を目指しています。

 

今年残った課題は

米国・中国・日本の株式市場に対する理解度

知識を定量化して実際に分析する能力

ベンチャーファイナンスIPOについての理解度

 

です。

一つ目と二つ目はインターンで実際に企業分析してある程度慣れて来たけどまだ日本の株式市場を把握できてないレベルの知識量しかないというのは現実です。というのはまだいくつかの業界と数十の企業についての知識しかなくて、浅く広く業界を見れていない、知らないということ。だから個別株をトレードする土台の知識もないし業界に対する定性的な分析ができるレベルじゃないということ。定量化分析はなんとなくエクセルで出来るようにはなったけどまだまだエクセル操作もおぼつかないし、それより深いことはできないな(できる必要があるか否かは置いておいて)。

3つ目はインターンしているのがVCなのでベンチャー企業について調べる機会がまぁまぁあるんだけどベンチャーファイナンスに関しては「起業のファイナンス」くらいの前提知識しかない。IPOについての法律・規制・数値等もわからない状況。ベンチャーCFOになって上場支援できるレベルの知識には程遠いです。。。

 

企業分析をして分析力を養うこと・同時に株式市場に関しての知識を得ること・ベンチャーファイナンス(資金調達からIPOまでを支援できるレベル)は来年に持ち越しちゃいそうです。具体的な目標についてはこれとは別の記事にするよ。今回はあくまでも振り返り。

 

大学

大学は完全に茶番とかしています。

友達は沢山できたので友達と会ったり遊んだりリフレッシュする場所として大学の授業があるイメージ。授業に行かなくても単位が取れちゃうし内容も残念なものばかりなのであまり行く意味はないと思います。

 

ただ大学で使えるものもいくつかあります。

 

図書館

教授との関係

プログラム等

 

まずは図書館。 これは自習場所としてかなり助かっています。The economist とか経済系の雑誌もいくつかあるのでたまに読んでます。専門書はビジネス分野の最新のものは少なくちょっと残念です。

 

教授との関係はこれから作っていきたいものの一つです。

自分の聞きたい分野の教授が他の有名大に比べて比較的少ないので質問させてもらえ多としても一人か二人の先生といったところですが学生のみにある特権なので存分に使いたいと思います。

 

プログラム等。

無料でor格安で海外に研修・国際機関に研修・インターン・説明会等結構充実してます。僕もいくつか参加させてもらいましたがこれは来年以降も続けて行くつもりです。

 

サークル

サークルは春だけ入って友達作って抜けました。

留学生がいるサークルに入り数人親友ができました、ありがとう国際交流サークル。

 

これらが大学生の自分が使える特権でしょうか。繰り返しますが授業の95%くらいは意味がないです。大学自体は茶番ですが、少しくらい茶番がないと疲れちゃうのでいい息抜きになっています。大学の良いところは自分がやりたくないことは基本する必要がないので良いとこどりできるところだと思います。

 

まとめ

一年経って去年の目標を見ても大きくはやはり変わりません。

ITリテラシーがもう少しありそこからある程度お金が稼げるようになれば大学での目標はほぼ達成されるので来年はそれに務めたり、他のこと考えたりやったりと。

来年の目標についてはまた書きます。

 

 

 

 

ちょうこじんじょうほう

 

 

 今までは本当に楽な人生を送ってきて来ていたということを感じています。もちろん両親への感謝する気持ちはありましたが、特に父親がいかに経済的に自分を支えてくれていたかを感じます。確かに大学まで子供を養うことは親の義務であることはそうですが、自分は様々な塾や外部の活動に参加するなど経済的に負担をかけたことは間違いありません。今回は少し父親について書こうと思います。

 

 私の父親は30代から国家資格の勉強をはじめ務めていた会社を辞めて資格の勉強をするためにその国家資格の勉強ができるよう転職しました。10年弱で国家資格を取り、最終的には独立しました。恐らく私が中学校に入りたての頃であったと思います。仕事と勉強を両立して難関国家資格を取るというのは人が想像する何倍も難しく、途中でリタイアしてしまう人がほとんどでしょう。しかし10年単位で資格を取得し独立をし、今までの数倍稼いでいた父を見て、今はもちろんですが、中学生ながらにも尊敬していました。

 

 以前の記事にも書いたかもしれませんが私は中学三年の終わりまで人生で1度も勉強をしたことが無く、オンラインゲームばかりやっているような典型的なダメな子供でした。しかしそれを変えてくれたのも父の存在が大きかったことは間違いありません。父と私は仲が良く、しかし当時は思春期ということもあり本音で語り合うようなことはしませんでしたが、さりげなくアドバイスをくれたり、おすすめの本を持ってきてくれたりしました。また高校に入学してからは私に会計を専門学校の夜間講座で学ぶことを提案し、私は高校生にしてはソコソコの会計の知識を得ることができ、またそこから様々なビジネス関連の事について興味が湧くようになりました。大学入試に関しても会計の資格や知識なしでは100%落ちていたと思います。独立した父は恐らく心の中では私に後を継いでほしかったと思うし、またさりげなく資格の勉強を進めて来てくれることもありました。今の段階では国家資格を取るつもりはありませんが、もちろん将来の選択肢の一つであることは間違いありませんね。

 

 私は中流私大の付属に通っていたため父も私も含め、エスカレーター方式で大学に入学するであろうと思っていました。しかし、父から勧められた会計の勉強と自分で興味を持った英語のスキルを活かして、同時に高額な3つの塾の学費を払ってもらい、父と同じレベルの有名私大に最終的に合格することができました。私としては"やっと父に学歴では追いつけた"という喜びと少し親孝行できたのではないかという自己満足感がありました。

 

 高校生活で継続してきた学習が3年間でやっと形になり、しっかりと結果を残すことができ父やほかの家族もかなり喜んでくれたと思います。また父は自分と妹の将来を見ることが本当に楽しみで仕方がないんだろうなぁと話していて感じることが多いです。

古典的なタイプの親であれば、自分の価値観と違う行動や進路を子供が選ぶときには多くの人は反対し常識を押し付けてくと思います。しかし父は本当に自分や妹がやりたいことを尊重しサポートしてくれています、そういった意味でも本当に尊敬できる父親です。子供の勉強に対しては惜しみなく投資してくれる、また父自身も徹夜が続くような忙しい時期であっても新しい資格や勉強をして努力をしています。これは直接聞いたわけではありませんが恐らく私が勉強に熱心になっていることも父を刺激した一つの要因だと思います、昔の父であれば諦めていたかもしれません、しかし私と父お互いにいい影響を与え合いお互いに成長できたここ数年間であったと思います。

 

父の存在なしでは今の自分は100%ありません。今後大学では努力を怠らず、将来しっかりと父が私に投資してくれた分、恩返ししたいと思っています。そしてまだ今までしてくれたすべての事に対してしっかりと感謝を伝えたことがありません。早く言わないと後悔すると思うのでそういった感謝を早く伝えたいです。 

 

私は父の事を誰よりも尊敬しています。私がもう少し成長したら、一緒にお酒を飲みながら話すことが今の夢です。そしていつか私が有名になり、父がこのブログを見つけて読んでくれる日が来るのを祈ってます。私は性格もひねくれていて人間性は最悪ですが、成長するにつれて誠実に生きる事への美徳を感じることが多くなってきています。

父や母が喜んでくれるような生き方をすること、成功することが私の目標です。

 

父は本当に心の底から尊敬する自分のロールモデルです。

 

整理

 

まだ入学式を迎えてもないけどもう時間がないというか4年間じゃ自分のやりたいことをやり切れる気がしない。就職をする場合は実質三年の終わりから準備しなくてはならないし就職しないとしてもそれまでに何か見つけなければならない。

 

そこで今回は以前も書いたが就職に対する考え方を書きたいと思う。自分と就職に対しての考えがほぼ同じであるメンターのブログから多くを引用することになる。 大学生にはぜひ読んでいただきたい記事である。

 

show1225.hatenablog.com

 

自分は恐らく就職することになると思う、そしてしないとしても就職活動自体は行うであろう。就職する際のコンセプトは自分のメンターと同じ"会社に使われてはならない。会社は利用するもの」。"である。最近初めてアルバイトをしているけど好きじゃない仕事を生活の為だけに行う苦痛さを感じている、そういった事を知れたという意味ではいい経験だった。もし時給が3倍になると言われても今のバイトはこれ以上やりたくないと思う。さらに"アルバイト"であるがゆえに仕事の内容に対して全く責任感を感じない。本当に嫌になったら周りにどんな迷惑があろうとバックれてしまうような人間性なのでこれは仕方ない。

 

しかし逆に言えば自分の興味のある事業、内容であれば給料が著しく低くても責任感を持ち熱心に取り組むことができる(ex.財務、投資を勉強できる職場など)。なぜなら働くことで自分の得るべきものを得たいと思っているからである。

会社を「使って」何かを成し遂げたい場合は、就職しうるだろう。会社としてそのプロジェクトに関わり続けるのであれば、責任者として所属し続ければ良いし、そうでなければ退職し、個人としてそのプロジェクトに関わり続ける。たとえば、アニメ専門学校を海外展開したいのならば、しかるべきコンサルティング会社に就職して、海外展開事業の案件責任者になる。案件終了後、継続的にコンサルを続けるのであれば社内に居続ければいいし、案件がなくなるのであれば今度はその学校に就職すればよい

"社会はそんなに甘くない"、"好きなことだけでは生きていけない"といった批判が飛んできそうだがそれは間違ってはいない。もちろん関係のない業務、雑務も行うがそれは自分の目的を達成するのに支障がない程度の話である。もちろん目的を得るために就職できる会社が一般的に見て就職しずらい会社である場合は入るための努力は惜しまない。

 いくらやりたいことがあり、学びたいことがあるからといって、その会社で働くのが苦に感じるのであれば即刻辞める。会社は本来「使うもの」なのだから、何かを過度に強制されて会社に「使われて」しまっているのであれば、辞める以外の選択肢はないのだ。たとえば、「アニメ専門学校を海外展開するためにに働かせてください」、あるいは「トレーディングスキルを学びに来ました」と言って入社したのに3年も修行期間が必要なのであれば、耐えられないので辞める。金曜も深夜まで働かせられたり、土日も出勤しなければいけないのであれば、それも耐えられないので辞める。

 多くの人にとって働く時間は睡眠の次に多く費やす時間であることは間違いない。それなのに安定した収入を求めて家族や環境を言い訳にやりたくもない仕事をやるくらいなら死んだほうがマシ。

 

まぁまぁな大学に入ってしまって基本的に今はどんな企業でも入るチャンスがあるがゆえに社会的地位や周りの目を気にして自分が望まない形で大企業に入ってしまったりすることは避けたいが、今はまだ社会的地位も実は欲しがってしまっている自分がいる。これは本当に複雑だけど無視しないと視野が狭くなる可能性があるね。今自分がぼんやり見ている業界は社会的地位や収入は高いけど、それが本当に自分が求めてるものなのかはイマイチ。。。

 

目標を具体化するために年初に立てた目標を軸に1年をすごしたいと思う。

内部留保

 

内部留保とは企業活動の利益から配当や税金などを引いたもの、というのが教科書的で一般的な定義ですね。wikipediaではどのように説明されてるでしょうか。

内部留保(ないぶりゅうほ、: retained earnings)とは、企業が経済活動を通して獲得した利益のうち、企業内部へ保留され蓄積された部分のことである。社内留保社内分配とも呼ばれることもある。過去から累積した利益の留保額全体を指す場合と、単年度ごとに生じる利益の留保額を指す場合とがあるが、本項では特に断りがない限り、前者として扱う。

 これが一番トップに出てくる説明文です。この説明だと少し誤解を招く恐れがあると思いますが確かにわかりやすく正しい説明ですね。wikiの下の方にも書いてある通り内部留保を狭義に定義すると"利益剰余金"になるでしょう。これは簿記や会計がわかる人でないと理解できませんが要するに会社の利益から配当などを引いて最終的に残った利益です。日本は他の国に比べるとキャッシュを持っている割合が高く、内部留保も高いと言われています。内閣府のHPから日本、アメリカ、EU15カ国の内部留保割合推移のデータがあります。

f:id:inve0614:20170317003355p:plain

 

内部留保率ではアメリカと日本は非常に近い関係にありますね。一方現預金比率ではやはり日本は頭一つ抜けています。それでは内部留保が多い→投資や配当を怠っているので貯めこまずに投資や配当を積極的に行うべきであるということができるのでしょうか?

f:id:inve0614:20170317003328p:plain

 

総資産に占める借入金の割合は減っていまずが内部留保割合や量は右肩上がりで増えてきていることがわかりますね。

f:id:inve0614:20170317003339p:plain

しかしこの図を見てみると内部留保が増えているのにも関わらず投資有価証券が徐々に増加していることがわかります。投資有価証券とはM&A株式投資の際に手にする、名前の通り"投資"する際の有価証券です。

日本企業のM&Aというのは年々増えてきています

f:id:inve0614:20170317005535p:plain

In-in型というのは日本企業と日本企業の間でのM&A。In-outは日本企業が海外企業をM&Aすることを指します。グラフからも分かるようにIn-In型だけでなくIn-out型のM&Aも年々増えていることがわかります。最近話題になったものといえばSoftbankのARMの買収であったり日経新聞のファイナンシャルタイムズやJTのレイノルズの買収などですね。このように日本企業はM&Aに対して積極的になってきていることがわかります。

 

自分の意見は内部留保に対しての課税など厳しすぎる法規制を敷くべきではないと思います。最初にも述べた通り内部留保とは利益剰余金を指すものであり現金そのものの事ではありません。厳しすぎる課税により現在日本企業が積極的になっている海外投資や国内投資に関しても抑制することを招きかねないと思います。ただそうは言っても国内企業の投資先の多くはまだ日本国内にとどまっているのが現状なので、もっともっと対外投資の割合が増えるようになるといいですね。ソフトバンク日経新聞が行ったような話題性のある大きな投資がもう少し増えると思いろいと思います。

 

真面目な内容書くと本当に自分の知識の無さに気づかされるなぁ。。

さいかくにん

年が明けてダラダラしていたらもう三月になってしまった。

相変わらず怠惰な毎日で2ヶ月を過ごして流石にマズイと思ったので去年の10月ごろ受験がまだ決まっていなかったときに書いた大学での目標について前の記事を引用しつつ再確認する。

inve0614.hatenablog.com

 大学4年間を終えた後にどうなりたいのかを考え、そこから何をすればいいのかを逆算してみよう。そうはいっても一つに絞れるほど自分の意志は固まっていないのでいくつか書き出してみる。

 未だにこれと言って明確な目標はできていない。今は様々な物や業界を見て手探りしている段階である。ただ以前上げた選択肢は未だに変わっていない。

 

  • 日系民間企業に就職
  • 外資系企業に就職
  • 海外で現地採用で就職
  • 大学院進学
  • 個人事業主(起業もしくは個人投資家など)
  • 海外大学学部課程に編入

 今の段階では全ての選択肢があり得る状態、行政機関の仕事について話を聞いたり外資コンサルやBIG4監査法人を受けた人とかに話を聞いて雰囲気を聞いたりしている。またStartup系の集まりとか話をしに行ったりもしているけどあんまり感触が良くない。先日大学生起業家の方々と話す機会があったがイマイチ、ピンとこないというかあまりいい印象を受けなかった。

上の選択肢で個人事業主の選択肢を取る場合の話をすると、現実的なのは個人投資家もしくは起業である。大学起業系集まりに参加して強く感じたのは多くの人は起業を目標にしていて中身が空っぽであるということである。起業というものは自分がやりたいことがあって初めて始まるものであり、自分がやりたいことをやる手段であり目的ではないことを忘れてはいけない。もちろん中身が詰まっていて素晴らしい大学生起業家の方々もいるが少数である。

加えて、常に情報を集めることで今後流行りそうな分野で自分が面白いと思うものがあれば手を出してみるのもいいかなぁと考え始めた(ex. Hololens,VR,AR関連の開発,)

 

様々な選択肢がある中で怠惰を防ぐために自分に課題を課したいと思う。

就職するのであれば恐らく金融機関やコンサル系になる可能性が高く、またそういった企業というのは競争が激しいことから目に見える形で成果がほしい。

そこで自分が就活対策として考えていたことを1年時の9月までに何を行うかを判断する。9月までは様々なことに触れて方向性を決める期間にしたい。

  • USCPA
  • JPCPA
  • 留学先と目的

以前からUSCPA or JPCPAについては学習することを考えていて4月から始めようとしたがそれに専念してしまうとほかの事が一切できなくなってしまうため9月まで自分に猶予を課します。9月になって具体的にやりたいことがない場合はUSCPA,明確な理由と必要性が明らかになった場合はJPCPA。そして何より2年次の交換留学に行くのか、行ったとして目標はなんなのか(語学だけとかは論外)を決めたいと思う。

 

そして前回の記事では全ての選択肢に応用できるスキルを書き出した。

 

  • 経済、金融や財務など幅広く深い知識(資産運用などの知識)
  • 高い英語力(TOEFL100over)
  • ITに関する技術、知識(情報処理能力)
  • 資金力(起業or投資)

 これは本当にその通りで全く変わっていないし順調に進行している。

今やっていることは

  • プログラミング
  • 会計や財務に関しての勉強
  • 英語
  • 様々な教養的な勉強

怠惰なので全て中途半端になってるけど今はこれでいいと割り切ります。

資産運用の勉強をしていると多くの学問を勉強する必要性を感じます(統計学、経済学、経営学、数学など)。何をするか吟味する期間なので広く浅い知識をしっかりつけたいと思います。特に数学できなにので統計学や経済学はかなり苦労していますw。英語に関しては違う記事で書きます。

1年時の9月まで、、、なんか姿勢が日銀っぽいですがとりあえずは様子見したいと思います。

意見の仕方、物の考え方

 

今日が国立の二日目で友達の多くは入試が終わり久々にごはんに行ったり、一緒にゲームしたりと楽しい今日この頃です。自分はAO.推薦で年内には進学先も決まっていた頃がもうかなり昔のように感じますね。もちろん一般入試を受験する友達の方が多いので色々人の結果を聞きますが本当に受験の残酷さを思い知らされます。そこで今回は意見の仕方について考えさせられたので書きたいと思います。

 

考え方やそれを意見する場合には幾つかある。(帰納法演繹法、感情論、一般論etc)

私はこれらの方法を場合によって使い分けるべきであると考えている。例えば最初に書いた受験について。以前から自分の通っている高校についての不満は何度か書いてきたが、私の高校では6割弱が内部進学でその他は主に専門学校や就職など様々である。高校3年になったにも関わらず勉強を始める人はほぼ居なく、夏休み前の通知表を渡されたタイミングで急に焦りだすような人が多かった。それにもかかわらず彼らは中堅大学へ内部進学で進学してしまうのだ、多くの人は希望通りの学部に希望通り入れる。もちろん中にはテストで点が取れず進学できない人もいた。自分はその人達のことを"努力してきたいのだから当たり前、自業自得"だとか"この学力で進学しても大変だろうな"みたいな形で常に見下してきた。また受験に関してのアドバイスを求められることが多いが自分は"一般論"で解答する。またいい結果が得られなかった人(インターネットで出会った自分と利害関係が少ない人)に対しては一般論で厳しい現実的なことを常に言ってきた。しかし自分の中学時代の仲のいい友達が受験に失敗した際にはその様な現実的なことは全く考えられず、感情的になって本気で心配したり応援したりしていた。

 

もし自分の友達と同じ状態の人にインターネット上や議論の場で意見を求められたら非常に冷たく厳しい正論(努力不足とか)をぶつけていただろう。

つまり感情論的な意見と一般論を正確に使い分けることが必要なのである。

仲のいい友達や家族、自分の大切な人に対して思いやりのない言動をぶつけるべきではない。それは人間関係を壊しかねないし、自分の意見が正しいと証明することができても何も得るものはないだろう。

一方で何かの解決策を考える場面や議論では感情論を極力抑えることが大切であると感じた。以前テレビの討論番組でネットイジメを無くす提案を某著名人が提案した意見に対し政治家が「そんなことイジメられて亡くなった遺族の前で言えますか?」と感情論を言っているのをみて"さすが政治家だ・・" と感じたのを覚えています。

感情論を考慮しなから何かを解決するのは難しいし、結果が抽象的になってしまう印象がある。

 

自分は皆が空気を読んでる状況を見てそこに皆が思っているけど言えない、言わないような意見をあえて言うことで空気を壊すみたいなことをしてしまう人間なので議論以外の場所では抑えて思いやりのある言動を心がけなければ。。

 

Thinking about the way we learn.

 

何か新しい事を学びたくなったらまずなにから始めるだろうか。例えば会計を勉強したいと思ったときにやれること。

 

  1. 会計に関する入門書を買う
  2. 大原やTACなどの専門学校社会人講座に通う(簿記講座)
  3. インターネットで動画を探す
  4. セミナーなどに参加する 

 

会計を勉強する目的にもよるが、ベンチマークとなるような資格を取りたければ恐らく大原やTACのような専門学校に通うもしくは通信講座を取ることが確実である(時間とコストはかかるけど)。実際に怠惰な自分にとっては講座というものがペースメーカーになってくれるしモチベーションを維持しやすい。

 

そのほかにも多くの人が本を買って勉強するだろう。勉強をすること に慣れている人であればこの方法が一番時間的にも費用的にも効率的である。なぜならどう勉強すれば身に着けることができるか完全に理解しているからである。しかし大半の人にとって本を読むだけというものは退屈でありすぐに飽きてしまう。会社で取るように言われて今年中に取らなきゃマズイ!!! みたいな状況にでも追い込まれない限りしっかりと勉強を継続し身に着けることは難しいであろう。

 

そこで本だけで勉強するのは退屈だし飽きてしまう、モチベーションを上げてくれて退屈しないものが無いかと探してみるとセミナーやインターネットに行きつく。セミナーに参加することで勉強仲間ができたり色々と情報交換をしてモチベーションアップにつながるであろう。さらには今はやりのMOOCのようなネット動画を使って学ぶこともできる。今回は 3.インターネットで学ぶこと について詳しく書く。

 

Mooc という単語を目にしたことがある人は多いのではないでしょうか。有名どころでいうとCourseraとかedxとかがありますね。これらは世界中の名門大学の授業を基本無料(たまに有料)で受けられるサービスです。

f:id:inve0614:20170206000952j:plain

 

2012年からその数は増え始めていて今月末にはedxでOxford大学が初めてmoocに進出するということで楽しみにしています。経済のコースなので自分も受けてみようと思います。このMOOCでの授業は非常に面白くてかなりハマってしまいます。

現在は東大のゲーム理論の授業を受けています。東大の有名な経済学の教授である神取さんの授業が無料で受けられます。ただ大半のMOOCの授業は英語(東大のも英語)なので英語が全くダメな人には難しいかもしれませんが、ある程度英語が聞ける人にとってはものすごくよい勉強ツールの一つになります。

 

f:id:inve0614:20170206001551p:plain

 

他にも例えば統計学の勉強をしたい!と思った人は 「統計学 入門」 と検索すると大学の講義のpdfやyoutubeでの講義の動画など日本語のものも手に入ります。(もちろん英語や中国語のもののが多い) 

 

勉強をするというと本を買ってきてひたすら机に向かってやるというイメージがあるかもしれませんが情報やツールはインターネットに無料であふれているので使わない手はないですね。自分にとってはこうして情報をまとめる事も勉強のだと思います。

 リンク

www.coursera.org

www.edx.org

www.khanacademy.org

Kahn Academyはアメリカの高校生向けのサービスです。SAT(日本のセンター試験のようなもの)対策から数学や世界史、プログラミングまで様々、基礎的なものが多いので英語があまり得意でない人でも楽しんで学べます。

www.youtube.com

 

米国の名門大学MITのインターネットオープンコースです。youtubeで講義の動画が見れます。

 

このほかにも沢山の大学や有名人(startupのceo)とかが勉強になる動画を上げているので探してみてください、とても面白いです。

 

 

花粉が飛び始めそうで怖い海外逃亡したい おやすみなさい。